2014年10月アーカイブ



こんにちは!

今日は先日入荷したコンテナの中から、「マホガニーを用いたダイニングセット」をご紹介させて頂きます。

何度かお話させて頂いている通り、明るい色調で仕上げた場合、「チーク」と「マホガニー」の家具ではかなり印象が異なります。

「チーク」は大胆な木目が持ち味で、「木らしさ」を感じて頂けるかと思います。

一方、「マホガニー」はすっきりとした直線的な木目が持ち味です。

弊社の定番色である「ウォールナットブラウンの3回塗り」で仕上げた場合、それほど違いは分からないのですが、1回塗りなどで仕上げた場合はかなり異なる印象になります。

この辺りはお好みで選んで頂ければ宜しいのかと思います。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ  www.round-one.jp



PA289321-700.jpg

進歩が遅い・・・と感じております(2014年10月26日)

| コメント(0)



こんにちは!

パソコンの写真を整理していたところ、かつての本牧店の写真が出てきました。

2008年の10月に撮影されておりますので、ちょうど6年前になります。

改めてよく見てみると、置かれている家具がかなり共通(細かな改良は加えているのですが・・・)で、あまり進歩していないなー・・・と感じた次第です。

店舗外の黒竹は、今の青山店の観音竹よりも元気(?)で、勢いを感じます。



PA050120-700.jpg

店舗の中の雰囲気も、当時とあまり変わっておりません。



PB110432-700.jpg



これではいけない・・・・と反省している次第です。

6年も経過したのであれば、確実にお客様の嗜好も変化しているはずです。

それにも関わらず、それほど大きな変化がない・・・・これは大問題です!

ということで、新しいデザインのテーブルをスケッチアップで作画してみました。

スクエアのテーブルですが、あえて天板の端を薄くし、軽いイメージに仕上げてみました。

弊社の「売り」は重厚感だと思っておりましたが、これももう古いのかもしれません。

これからは新たなことにドンドン(?)チャレンジしていきたいと思います。



丸テーブル6-700.jpg

幅120センチのデスクです(2014年10月23日)

| コメント(0)



こんにちは!

とあるお客様からデスクのご相談をいただきました。

はじめは横幅100センチの、かなりすっきりしたデザインのデスクをご提案させていただきましたが、メールでやり取りさせていただく中で、もっと本格的(?)なデスクがご希望であることがわかり、片袖のデスク(引き出し部分には彫りを入れたタイプ)を改めてご提案させていただきました。

社会全般の流れとして、「軽さ」や「すっきり感」、「モダンさ」などが求められているように(勝手に家具店側が)思い込んでいるのかもしれません。

お客様の嗜好は本当に様々であり、家具を製造・販売していく側としては、どのようなタイプの家具でも提供できる体制づくりが求められます。(もちろん、「すっきり感」などを求められる方は、初めから当社にお問い合わせをいただくことはないのかもしれませんが・・・・。)

弊社としては、今後とも「木の家具の良さ」を前面に打ち出した製品展開を図って参りたいと思います。

基本的なコンセプトは不変だと思いますが、その中でバリエーションは極力増やしていきたいと思います。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ  www.round-one.jp



幅100センチのデスク-700.jpg

こちらが初めにご提案させていただいた幅100センチのデスクです。

川島様デスク-700.jpg

こちらが後からご提案させていただいた片袖のデスクです。

P5197141-700.jpg

引き出し部分の彫りのイメージです。

コートハンガーはいかがですか?(2014年10月21日)

| コメント(0)



こんにちは!

東京はここのところ急に寒くなってきました。

今週末頃からはさらに冷え込む・・・・と今朝見た天気予報は話しておりました。

この時期になりますと、そろそろコート(もう早い人は着ているのかも?)も出さないと・・・ということだと思います。

弊社においても、コートハンガーが売れ出す時期になってきました。

良く出るのは写真のようなタイプですがいかがでしょうか?

チーク製のコートハンガーはなかなかないと思います。

ご自宅用だけではなく、会社の応接室などにおいて頂いても宜しいかと思います。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ  www.round-one.jp



PC3020931-700.jpg



こんにちは!

最近、すっかりはまっている「スケッチアップ」のデザイン画についてです。

まだまだ使いこなせてはいないのですが、多少、慣れてきました。

角を丸めたりするのもだいぶ早くなってきました。

脚部を非常にすっきりさせたテーブルを作画してみましたが、いかがでしょうか?

良いアイデア(デザイン)がなかなか思い浮かびません。

「こんなデザインの家具が欲しい・・・」というのがございましたら、ぜひご意見をお寄せください。

場合によっては実際に試作品を製作し、現品をプレゼント(?)させて頂くかもしれません。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ  www.round-one.jp



丸テーブル3-700.jpg

昨日の続きです(2014年10月19日)

| コメント(0)



こんにちは!

今日も昨日に続き、今回のインドネシア出張についてお話させて頂きたいと思います。

昨日はチェアに関してでしたが、本日はキャビネットをご紹介させて頂きます。

従来の弊社のキャビネットの持ち味は何だったのか改めて考えてみました。

まず、良い点を挙げると

1)1点ごとのフルオーダー。どのようなサイズやデザインも対応可能。

(引き出しのサイズや棚板の取り付け位置など、お客様のご要望通りに製作)

2)透かし彫りや表面彫りなど、手作りの良さを活かしたデザイン。

といったところかと思います。

一方で、改善すべき点を挙げると

1)細部に関しては、製品ごとに調整をせざるを得ず、品質にばらつきが生じてしまいがち。

2)ヒンジなどのパーツがやはり日本製に比べ十分とは言えない。

などがあるかと思います。

更なる改善を図っていくためには、上記のような問題を解決していかざるをえません。

(もちろん、フルオーダーへの対応は従来通りに行っていくことが前提です)

この辺りも自社だけで改善を図っていくのでは、やはり限界があります。より技術力のある会社との提携により、生産管理のレベルアップを図っていくことが求められます。

また、完成後の検品体制なども非常に重要であると考えております。

良い点は積極的に導入していくようにしたいと思います。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ  www.round-one.jp



JAPAN OFFER-66-700.jpg

引き出しと扉のスペースを、1ミリ以下の誤差に抑えていくなど、取り組んでいくべき課題は多いように思います。(可動部はすべて小指でスムーズに動く・・・といったことも必要だと思います)

従来は「手作りなので、ある程度致し方ない・・」と考えておりましたが、お客様の立場からすればそれは許されないのだと思います。真剣に改善を図っていく所存です。)

モダンなデザインのチェアです(2014年10月18日)

| コメント(0)



こんにちは!

昨日まで2日間ほど国内ですが出張しておりました。

しばらくブログの更新が出来ず大変失礼いたしました。

しばらくぶりの更新ということで、本日は先日のインドネシア出張に関して少しご案内をさせて頂きたいと思います。

今回の出張は非常に短期間(実質5日間)でしたが、大きな目的の一つが「Asliブランドの新製品の開発」でした。

従来から大切にしてきた「アジアン・テイスト」は維持しつつも、お客様からのご要望が多い「シンプル」でかつ「モダンさ」も兼ね備えた家具の開発が必要であると考えている次第です。

弊社だけではなかなか実現できないこともありますので、他社との提携なども含めて事業化を検討しております。

何年も前から考えていたことで、提携相手も数年前からおおよそ目途は付けておりましたので、この部分の業務は2日間ほどで済ますことが出来ました。

まだまだ紆余曲折が予想されますが、随時、この件に関しましても変化があり次第、ご紹介をさせて頂きたいと思います。

ということで、本日はチェアの写真をいくつかご紹介させて頂きます。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ  www.round-one.jp



JAPAN OFFER-14-700.jpg

シーグラスのチェアです。写真では良く分からないかと思いますが、細かな部分にもアールを付けるなど、細部へのこだわりは驚愕(?)のレベルだと思います。

JAPAN OFFER-20-700.jpg

こちらのチェアも、一見すると非常に簡単なつくりのようですが、細部に関する作り込みは弊社とは比較になりません。(大変、悔しいのですが・・・・・)

非常に軽く仕上がっており、参考にすべき点が山のようにあります。



こんにちは!

昨日、インドネシアから帰国致しました。

今回の渡航は、日曜日に店舗を閉めてから羽田発の深夜便で出国し、金曜日の深夜便で現地を出発、土曜日の朝に帰国し、そのまま店舗に向かう・・・というかなりハードなスケジュールでした。

非常に短い出張でしたが、当初の目的(今後の新たな取り組み)は果たすことが出来た・・・と自分なりには満足している次第です。

「今後の新たな取り組み」に関しましては、まだオープンにする段階でもなく、もう少し進んでからご紹介させて頂きたいと思います。

さて、本日は帰国間際に足を延ばした「World Trade EXPO 2014」についてご紹介させて頂きます。

日本で言う「ビックサイト」のような展示会場に、インドネシアの様々な製品が展示されており、世界各国からバイヤーなども来ておりました。

当然、私は家具やインテリアグッズのブースを見て回りましたが、正直、それほど質の高い企業は出展していなかったように思います。

傾向としては、「アイアンなど異素材との組み合わせ」と「パーツ毎に塗装や仕上げを分けるスタイル」が多かったように感じました。

このような流行は弊社でも採り入れていく必要があるかもしれません。

ご参考までに何枚か写真をご紹介させて頂きます。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ  www.round-one.jp



DSCN4648-700.jpg

古木の天板に金属の脚部を組み合わせた丸テーブルです。このような異素材の組み合わせが非常に多かったように思います。

DSCN4647-700.jpg

こちらは下地に白を塗ったアンティーク仕上げのチェアです。肘掛け下に彫りを入れるスタイルは珍しいと思い写真を撮ってみました。

あと、非常に驚いたのは、「プレイウッド(合板)の家具が非常に多かった」ということです。

木材の本場、インドネシアにおいてもプレイウッドの家具が主流になりつつあるようです。

ガラス扉のキャビネットです(2014年10月5日)

| コメント(0)



こんにちは!

本日、深夜便(羽田発0時30分ですから正確には明日になります)にて工場に向かう予定ですが、台風の直撃に合いそうで、何とも不安な状況です。

今回の出張は実質5日間ということで非常にハードなスケジュールとなっております。

土曜日早朝に成田に到着後、すぐに店舗に駆けつける予定です。(ギリギリ開店には間に合うと思うのですが・・・)

ということで、天候が非常に心配ですが、こればかりはあまり考えていてもどうにもなりません。運を天に任せて仕事を処理していきたいと思います。

本日は川崎市のお客様からオーダー頂きましたガラスキャビネットをご紹介させて頂きます。

といっても、まだ写真はなく、本日作成した3Dモデルになります。

全体のバランスをチェックする際に、非常に3Dモデルは便利です。

なかなか家具のイメージがつかめない・・・というお客様は、お気軽にお問合せください。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ  www.round-one.jp



伊藤様 ガラスキャビネット(2).jpg



こんにちは!

昨日、ココアブラウンの1回塗りの丸テーブルをご紹介させて頂きましたが、本日はこちらのテーブルにセットされるチェアをご紹介させて頂きます。

なぜ・・・と申しますと、やはりココアブラウンのチェアは弊店でも非常に珍しいチェアですし、かつファブリック(イタリア製です)のカラーが初めてのカラーのため、どのような感じのチェアに仕上がるか、楽しみにしていたからです。

出来上がってみた感想は・・・・木部のカラーによくマッチしているように思います。

こちらの生地は非常にカラーが豊富ですので、お客様の個々のご要望にお応えすることが可能かと思います。ぜひお気軽にお問合せください。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ  www.round-one.jp



菊池様 チェア(座面完成後).jpg

ココアブラウンの1回塗りです(2014年10月3日)

| コメント(0)



こんにちは!

今日は「ココアブラウンの1回塗りで仕上げた大型の丸テーブル」をご紹介させて頂きます。

写真をご覧頂く通り、非常に木の色がそのまま出たような仕上げとなっております。

お客様のご要望は「パイン材のような明るい感じ」ということでしたので、こちらのカラーで仕上げさせて頂きました。(もちろん、特殊なカラーでしたので、サンプルをご確認頂き、それから決定頂きました)

なお、木の種類は「チーク」ではなく「マホガニー」をチョイスしております。

これは、やはり明るいカラーですと木目が非常に目立ちますので、よりすっきりと見えるマホガニーが良いだろう・・との判断です。

こちらのカラーの場合には、マホガニーをチョイスされて正解だったのではないかと思います。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ  www.round-one.jp



菊池様 テーブル(塗装後).jpg

スケッチアップで作成したモデルです(2014年10月2日)

| コメント(0)

こんにちは!

先日から「スケッチアップ」というソフトを使いだしました。

まだまだ使いこなせないのですが、多少は慣れてきました。

現時点では、従来使っていた「Shade」の方が使いやすいと思いますが、こちらのソフトの場合は平面図にも変更できる(Shadeは出来ません)ので、工場とのやり取りが楽になると思います。

とあるお客様からご相談頂きました「ラック」をご紹介させて頂きます。

高橋様 小型ラック.jpg