2015年9月アーカイブ

大型の家具は分割式がおすすめです(2015年9月27日)

| コメント(0)


こんにちは!

家具をオーダー頂く上で、結構重要なのが「お部屋に搬入出来るのか?」という点です。

「うちは全く問題はないよ・・・」というお客様でも、設置される場所が地下であったり、2階であったりした場合、意外に通路が狭かったり、階段が曲がっていたりすると、搬入出来ない・・・ということも起こりえます。

長年、家具屋をやっていると、このような悲惨なケースを何度か経験(?)しております。

大型の家具を諦めてしまう前に、ご提案させて頂くのが、「分割式で家具を製作する」方法です。

例えば、


ari-piano-700.jpg

上のキャビネットは上段・中段・下段の三分割で製作しております。


キャビネット接合部-700.jpg

上の写真のような木片で接合されます(木くずがのっている写真で誠に申し訳ございません)

上のキャビネットなどですと、全く3分割であることは分からないのですが、テレビ台などを三分割で製作した場合には、どうしても天板が分割されてしまいます。

そこで、現在、製作中の大型のテレビ台では、天板部分を取り外し、搬入後に組み立てる方式を採用致しました。


中川様 テレビボード(分離状態)-700.jpg

ベース部分を3分割で製作し、天板は1枚になります。

AV収納部(変更後)-700.jpg

組み立てた状態の大型テレビボードです。

上記のような方法を採れば、家具を分割で製作した場合でも、一体感のある家具に仕上げることが可能です。

搬入等で大型の家具を諦めていたお客様、ぜひお気軽にお問合せ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/




こんにちは!

最近は、キャビネットなどのオーダーにおいては、中に収納される物を決めてから棚の位置などを指定されるお客様が増えているように思います。

例えば、ご夫婦の結婚式のアルバムなどは、サイズも結構大きく、一般的な本棚などでは収納できない場合もあるかと思います。

オーダーで家具を製作される場合には、もちろん、どのようなポジションにも棚板を設置出来ますので、その点は安心です。

弊社の場合には、添付のようなスケッチを作成し、使い勝手なども製作前にチェック頂けます。

収納等でお困りのお客様は、ぜひお気軽にお問合せ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



inside-position.jpg

棚板を多く付け過ぎても、使いにくい家具になってしまいます。


こんにちは!

シルバーウイークは連日、最高の天気で、旅行などにお出かけの方も多いと思います。

シルバーウイーク中、弊社は通常通りの営業となります。

皆様のご来店を心からお待ちしております。


さて、これだけ天気が良いと、本当にどこかに出かけたくなりますね!

そうはいっても、横浜・山手店は営業を行っており、どこにも出かけられないのが実態です。

事務作業等に追われており、ホームページの更新もままなりません。


気分だけでも旅行を・・・・ということで、数年前に家族で行った、バリ島・スミニャックの「ディアナ・ヴィラズ」をご紹介させて頂きます。


こちらのヴィラは、私が会社を設立する前に、遊びでバリ島を旅行していた頃からある、老舗のヴィラになります。

たしか当初は知人を招くために建設したヴィラで、オーナーはフランス人になります。

現在では部屋数も増えましたが、初めの頃はひじょうに少なかった為、なかなか予約が取れないホテルでした。

念願かなって3年ほどまえに初めて宿泊しましたが、予想していた通りの素晴らしいヴィラでした。


どちらかと言えば、「昔からのバリ」をそのまま引き継いでいる感じで、最近はやりの「モダン過ぎるバリ」ではないところが気に入りました。

料金も手頃で、物価が高騰しているバリの中では良心的な価格設定だと思います。

スミニャックの中心地に位置しており、ビーチまでも歩いて数分です。

ビンタンスーパーなども近くにあり、大変便利な場所に立地していますが、通りからは少し奥まっている為、大変静かです。

お薦めのヴィラです。

バリをご旅行される予定の方は、こちらのヴィラもぜひ検討してみてください。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



DSCN3909-700.jpg

ホテル内はブーゲンビレアが咲き乱れています。

201361403257-700.jpg

ワンベッドルームのリビングスペースです。かなり広いです!

20136140326-700.jpg

ワンベッドルームのプライベートプールです。(プール付きのヴィラとしては破格のお値段です)

20136142650-700.jpg

こちらはツーベッドルームです。ジャワスタイルのヴィラになります。


201361422848-700.jpg

ツーベッドルームの室内です。広すぎるくらいです。

201361404736-700.jpg

プライベートプールも巨大です。まさに豪華別荘といった感じです。

背もたれが低いチェアです(2015年9月18日)

| コメント(0)


こんにちは!

突然ですが、明日19日(土)は、コンテナ入港に伴い、横浜・山手店は臨時休業とさせて頂きます。

勝手を申しまして大変恐縮ではございますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


なお、シルバーウイーク(9月20~23日)につきましては、毎日、営業させて頂きます。

皆様のご来店を心からお待ちしております。


本日は、ここのところ問い合わせの多い、「背もたれ部分が低いチェア」をご紹介させて頂きます。

最近は、軽い椅子が欲しい・・・というお客様が多くなったように思います。

少しでも軽くするためには、全体的にサイズも小さくするしかありません。

構造も出来るだけシンプルにしたいところです。

ただ、強度や質感を考えると、写真のチェア程度がベストではないでしょうか?

こちらのチェア、背もたれは低いですが、ちょうど腰に当たるようにデザインしております。

非常に座り心地の良い椅子になると思います。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/


小型のチェア-700.jpg

軽量なチェアに仕上がっております。


小型のチェア2-700.jpg

背もたれは低いですが、腰の部分をしっかりとサポートしています。

180センチ-2-700.jpg

W:180  D:80  H:72センチのチェアとセットしています。


こんにちは!

今週は月曜日の早朝から金曜日の深夜まで、ずっと出張しておりました。

不在中にお問合せを頂きましたお客様、大変失礼いたしました。

本日は通常通り、山手店におります。

天気も穏やかで快適です。皆様のご来店を心からお待ちしております。


さて、本日は早くも3年近く経過してしまいましたが、家族でバリ島に行った際に泊まったウブドにある「ナチュラ」(ホテル名です)をご紹介させて頂きます。


10年以上前に遊びでバリに行っていた頃は、それなりのホテルに宿泊しておりました。

ただ、仕事でバリやジャワに行くようになってからは、ほとんど寝るだけですので、非常に安いホテルばかりに宿泊しておりました。

久々に家族でバリに行くので、多少奮発(?)して・・・と予約したのがウブドにある「ナチュラ」です。


決して豪華なホテルではありませんでしたが、「古き良きバリ」といった感じで、個人的には気に入りました。

何が良かったかというと・・・・名前の通り、本当に「自然」が感じられるホテルです。

ウブドの中心エリアからは車で10分程度離れておりますが、すでに「秘境」のムードも漂っております(?)

近くにレストランなどはありませんので、多少の不便さは感じられますが、それに勝るだけの魅力を秘めたホテルだと思います。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/


DSCN4038-700.jpg

エントランスです。必要最低限の物しかありません。


DSCN4036-700.jpg

宿泊したヴィラです。


deluxe-villa-1bedroom-700.jpg

ヴィラの内部です。適度な広さで快適です。


DSCN3987-700.jpg

渓谷の中のプールです。


DSCN3924-700.jpg

久々の家族旅行ということもあり、観光客になったつもりで「ジンバラン・カフェ」で食事しました。

ツートンカラーに仕上げた事例です(2015年9月1日)

| コメント(0)


こんにちは!

今日から9月という事で、今年も3/4がすでに経過してしまいました。

「光陰矢の如し」と申しますが、私も年齢が50歳を過ぎてから、さらに時間の経過が早くなったように感じている次第です。

さて、本日は「ツートンカラーに仕上げた家具」をご紹介させて頂きます。

最近、建物等の外壁でツートンカラーの外壁をよく見るように思います。

最も多いのが、「白とグレーのツートン」であるように感じております。

外壁のカラー(と素材)は本当に「流行」があるように思います。

塗り壁風の塗装が流行った時期もあれば、同じツートンカラーでも1Fと2Fで分けたスタイルとか、結構いろいろあるように思います。

(ちなみに、私の家は18年前に建築致しましたが、「白のラップサイディング」です。当時、流行していたわけではなく、住んでいた賃貸マンションのすぐ近くに同様のスタイルの家があり、憧れたのが理由です)

前置きが長くなってしまいましたが、今回、お客様のご要望により、ツートンカラーで家具を仕上げさせて頂きました。

具体的には、左右の扉部分が「ウォールナット・ブラウンの2回塗り」で、中央の彫りの部分が「ウォールナット・ブラウンの3回塗り」です。

出来上がってみると・・・・「これはこれでアリ!」と思いました。

大型の家具を単色で仕上げた場合、どうしてもお部屋のイメージがその色に支配(?)されてしまいます。

特にダークなカラーで仕上げた場合、お部屋全体が暗くなってしまう可能性があります。

このような場合、一部分だけでも明るくすると、アクセントになるように思います。

ご興味を持たれたお客様は、ぜひお気軽にお問い合わせください。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ       www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/

tv board-700.jpg

カメラのレンズの右側が曇っております。綺麗な写真ではなく誠に申し訳ございません。