ツートンカラーに仕上げた事例です(2015年9月1日)

| コメント(0)


こんにちは!

今日から9月という事で、今年も3/4がすでに経過してしまいました。

「光陰矢の如し」と申しますが、私も年齢が50歳を過ぎてから、さらに時間の経過が早くなったように感じている次第です。

さて、本日は「ツートンカラーに仕上げた家具」をご紹介させて頂きます。

最近、建物等の外壁でツートンカラーの外壁をよく見るように思います。

最も多いのが、「白とグレーのツートン」であるように感じております。

外壁のカラー(と素材)は本当に「流行」があるように思います。

塗り壁風の塗装が流行った時期もあれば、同じツートンカラーでも1Fと2Fで分けたスタイルとか、結構いろいろあるように思います。

(ちなみに、私の家は18年前に建築致しましたが、「白のラップサイディング」です。当時、流行していたわけではなく、住んでいた賃貸マンションのすぐ近くに同様のスタイルの家があり、憧れたのが理由です)

前置きが長くなってしまいましたが、今回、お客様のご要望により、ツートンカラーで家具を仕上げさせて頂きました。

具体的には、左右の扉部分が「ウォールナット・ブラウンの2回塗り」で、中央の彫りの部分が「ウォールナット・ブラウンの3回塗り」です。

出来上がってみると・・・・「これはこれでアリ!」と思いました。

大型の家具を単色で仕上げた場合、どうしてもお部屋のイメージがその色に支配(?)されてしまいます。

特にダークなカラーで仕上げた場合、お部屋全体が暗くなってしまう可能性があります。

このような場合、一部分だけでも明るくすると、アクセントになるように思います。

ご興味を持たれたお客様は、ぜひお気軽にお問い合わせください。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ       www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/

tv board-700.jpg

カメラのレンズの右側が曇っております。綺麗な写真ではなく誠に申し訳ございません。


コメントする