2016年9月アーカイブ


こんにちは。

今日でいよいよ9月も終わり。

明日から10月ということで、今年も残り3か月となってしまいました。


例年、10~12月は、コンテナが何本も入港となるなど、かなり忙しくなる時期です。

今年も例年通りの状況ですが、今年の場合は、コンテナだけではなく、出張も年末近くまでほぼ目いっぱい入ってしまっており、寝る間もないような状況です。

体調管理に気を付けて頑張って参りたいと思います。


さて、本日は大阪のお客様からオーダー頂きました、直径130センチの丸ダイニングセットをご紹介させて頂きます。

テーブルがGタイプ、チェアがCW-1タイプをベースにしておりますが、細かな部分を結構変更しております。

塗装は「白」を予定しております。

完成が非常に楽しみなダイニングセットです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ      www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ         www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ            www.round-one.jp/blog/



チェアセット-700.jpg

カラーは「ホワイト」を予定しております。


こんにちは!

ここのところはっきりしない天気が続いております。

気分が晴れない時には、どうしても過去のバリ島旅行の写真などを思い出してしまいます。

本日、ご紹介させて頂くのは、2004年(12年前!)に宿泊した、「アルマリゾート」です。


こちらのホテル、ウブドではまだ非常に珍しかったプライベートプール(泳ぐ気にはなりませんが・・・・)をかなり早くに導入したホテルだと思います。

最近ではウブドも開発が進んでしまい、「田んぼヴュー」のホテルが少なくなってきました。

こちらのホテルなどは、「田んぼヴュー」どころか、「田んぼの隅にあるホテル」といった感じで、「見渡す限り田んぼ」といった感じでした。

2005年頃に再訪した際には、殆ど変わらない様子でしたが、今はどうなっているのでしょうか?

変わらずに残ってくれているとうれしいのですが・・・・・・。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/



DSCF0165-700.jpg

ヴィラの入り口です。リゾート内は緑に溢れております。

DSCF0160-700.jpg

プライベートプールです。泳ぎませんでしたが、あるだけでリゾートの雰囲気になります。

DSCF0159-700.jpg

ヴィラのベランダ部分から入口方向を臨む。左側が全て田んぼです!

DSCF0155-700.jpg

更に左に目を向けると・・・・朝焼けの中、農夫が働いておりました。昔はこのような風景がウブドには多かったように思います。


こんにちは!

明日は秋分の日。通常ですと山手店は営業日ですが、出張が入ってしまい、急遽、臨時休業とさせて頂きます。

勝手を申しまして大変恐縮ではございますが、お間違えの無い様にお願い申し上げます。


本日は、大阪のお客様からオーダーを頂いております、肘掛け付きのチェアをご紹介させて頂きます。

正式にオーダーは頂いたものの、まだデザインは最終決定ではございません。

お客様のご希望に沿うような形で、只今、詰めている段階です。

他のお客様にも参考にしていただけるかと思い、ご紹介をさせて頂く次第です。


ご覧頂く通り、弊社のCW-1チェアがベースのデザインですが、CW-1チェアはシーグラスとバナナリーフを用いたチェアですが、本日、ご紹介させて頂くチェアは、全てチークで製作する予定です。

重量が重くなり過ぎないよう、背もたれ部分を空けております。


CW-1チェアは、ダイニングチェアというよりも、1人掛けのソファに近い形で設計しております。

何が違うのかと申しますと、「背もたれの角度」がダイニング用とは異なっております。

食事がメインのチェアの場合、やはり背もたれはかなり立てた形がベストと言えます。

反対に、食後もリラックスされる場合、背もたれを寝かす必要がございます。

この辺りは、お客様の生活スタイルでお選び頂くのが宜しいかと思います。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/



チェア(背景白)-700.jpg

カラーはホワイトを予定しております。

チェア(別角度)-700.jpg

CW-1タイプチェアは、背もたれがフラットですが、こちらのチェアは体に沿うようカーブしております。


手頃なサイズのキャビネットです(2016年9月20日)

| コメント(0)


こんにちは!

三連休が終わり、本日から日常がまた始まった・・・という方が多いと思います。

私の場合、今週は珍しく(?)出張が入っていない為、自宅にて資料の作成等を行っております。

ブログも、更新出来る時ぐらいは更新しておかないと・・・ということで、まずは都内のお客様からオーダー頂きました手頃なサイズのキャビネットをご紹介させて頂きます。


こちらのキャビネットは、幅が60センチ、奥行が40センチ、高さが90センチになります。

最近は大型の家具が多かった為、このような手頃なサイズのキャビネットは久しぶり・・・と言った感じです。

いかにもバリらしいキャビネットに仕上がりそうです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/



キャビネット(外観)-700.jpg

彫りの部分もその他の部分と同一になります。


キャビネット(内部)-700.jpg

A4ファイルを二段に立てるスタイルです。

プルメリアの彫りです(2016年9月18日)

| コメント(0)


こんにちは。

三連休の中日となりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

横浜は朝から雨が降ったり止んだりのはっきりしない天気です。

でも、元町のチャーミングセールが昨日から始まった影響で、弊社山手店の最寄り駅(JR石川町駅)は結構混雑しております。

でも、山手店近隣は至って穏やか(?)ですので、皆様のご来店を心からお待ちしております。


ところで、大阪のお客様からテーブルにプルメリアの彫りを入れるご相談を頂きました。

そういわれてみれば、弊社はアジアンリゾートをイメージした製品づくりを標榜しているにも関わらず、意外にプルメリアの彫りが少ないことに気付きました。

ということで、ご提案させて頂きましたのが以下の写真のイメージです。

こちらは丸い形状ですが、天板幕板部分(横長)などにそのまま応用できるかと思います。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/



Frangipani-700.jpg

プルメリアの花だけを連続させても今一つ・・・やはり適度に花が離れている方が良いように思います。


koa-wood-jewelry-box-700.jpg

ちなみに、天板に彫ったものも見つけました。実用的にはどうかと思いますが、テーブルの四隅にあったらちょっと素敵です。


複雑な木組みのサンプルです(2016年9月11日)

| コメント(0)


こんにちは!

先日ご紹介させて頂きました、テーブルの脚部に利用する、非常に複雑な木組みのサンプル(ミニチュアモデル)を作成してみました。

実際に試作モデルを作成する事で、注意すべきことなども明確化しますし、強度などの確認も行うことが出来ます。


オーダーメイドの家具屋を営むということは、常に新たな構造などにチャレンジするということと同義になります。

試作などと言った見えない部分にコストや労力が必要な為、一般的には「家具のオーダーメイド」とは言っても、規制製品の応用・組み合わせやサイズ変更などが中心かと思います。

弊社の場合は「素材などを含め、実績がないものでもチャレンジする」のがポリシーです。

こだわりの家具をお探しでしたら、スタイルを問わずぜひともお問合せ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ          www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



尾崎様テーブル(ガラス直径700ミリ).jpg

脚部をクロスさせたデザインです


クロスの脚.jpg

端材を使って試作品を製作してみました。(試作品を製作することで、より精度の高い製品を製作するための工夫が生まれ、強度なども確認することが出来ます)


クロスの脚-2.jpg

実際の製品を製作する場合には、細かな隙間を極力なくし、パテなどを使って仕上げを行う予定です。

レザーのチェアです(2016年9月9日)

| コメント(0)


こんにちは!

温帯低気圧の通過により、本日の横浜は久しぶりに快晴となっております。

TVでは、35度以上になる・・・との予報でした。

また夏に逆戻りしたような暑さになりそうです。


さて、本日はフェイクレザーのチェアをご紹介させて頂きます。

こちらのチェアは、都内のお客様からオーダー頂いたものですが、座面の形状が今一つ納得出来ず、修正中のチェアになります。

このようなタイプのチェアは弊社では珍しい為、あえて製作途中での写真ですがご紹介させて頂きました。

細部をよりブラッシュアップし、納品させて頂く予定です。

K様、誠に申し訳ございませんが、もう少々お待ち頂きますようお願い申し上げます。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ      www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ         www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ            www.round-one.jp/blog/



小林様 チェア.jpg

フェイクレザーのチェアになります。

複雑な木組みの丸テーブルです(2016年9月2日)

| コメント(0)


こんにちは!

最近、お客様からのオーダーが従来以上に「高度化」してきているように感じております。

「先鋭的なデザインのガラステーブル」という形でご紹介させて頂いた、直径180センチの丸テーブルなどは、鉄骨のフレームを作成し強度を確保する事により、木材だけでは実現できないような斬新なデザインを実現しています。


本日、ご紹介させて頂くテーブルについても、一見すると非常にシンプルなデザインのように見えるかもしれませんが、非常に複雑な木組みを利用する必要があります。

もちろん、木材を切断し、何らかの方法でつなぎ合わせる形を採れば、同様の構造を製作することは可能です。

ただ、完成後の美しさを考えますと、木組みを利用する方法がベストと考えます。


テーブルという物が生まれてから非常に長い年月が経過していると思います。

当然、デザインなども出尽くしている・・・と考えるのが普通ですが、意外にまだまだ可能性があるのかもしれません?



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/



尾崎様テーブル2-700.jpg

三本の角材が中央でクロスしたデザインです。



千鳥格子-700.jpg

クロス部分を作成するために、上のような複雑な「ほぞ」を作成する必要があります。