2017年3月アーカイブ

各種扉の画像です(2017年3月31日)

| コメント(0)


こんにちは!

最近は非常に大型の家具をオーダー頂くケースが増えております。

当然、一体で製作したのではお部屋に搬入出来ませんので、分割で製作し、お部屋で組み立てる形になります。

弊社の場合、家具のオーダーをご用命頂く際には、3Dモデルで完成後のイメージをご提示させて頂いております。

もちろん、各部の寸法等はミリ単位で正確にモデルを作成しますので、使い勝手などもおおよそ推測が出来ます。

(モデルを様々な角度から実際に見ることが出来るからです)


大型の家具の場合、扉なども非常に凝ったデザインになる傾向があります。

本日、ご紹介させて頂く扉は、都内のお客様からオーダー頂いている、TVボードの扉になります。

一つが寄木細工(市松模様)の扉で、もう一つがシーグラスとチークを組み合わせた扉になります。

寄木細工の扉は、一つひとつの木材を「やといざね」という技法でつなぎ合わせております。

日本の技法ですが、今どきこのような手間のかかる技法を用いる工房は少ないと思います。

完成が本当に楽しみです!



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/



横田様 TVボード 中央扉アップ(塗装前).jpg

一枚一枚の木材を「やといざね」という技法でつなぎ合わせております。非常に手間ひまのかかる作業です。


横田様 シーグラスの扉-700.jpg

チークでベースを作り、シーグラスを編み込んでおります。

コーナーボードです(2017年3月28日)

| コメント(0)


こんにちは!

昨日、宮城県のお客様からお問い合わせを頂きました、コーナーボードをご紹介させて頂きます。

日本の建物の場合、お部屋の角を有効に利用するというのは、非常に検討すべき項目であると考えます。

最近はお問い合わせが少ないのですが、本牧に店舗があった頃には、コーナーテレビ台が非常に人気が高く、量産タイプも何種類か販売しておりました。

コーナータイプのテレビ台やキャビネットは、一般的にはあまり販売されておらず、なかなか気に入ったような物が入手出来ない・・・と思われているお客様が多いのだと推察します。

ないということであれば、オーダーで製作するしかありません。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



コーナーボード-700.jpg

コーナーに設置するキャビネットです。

コーナーボード(斜め上より)-700.jpg

天板は緩やかなカーブを描いております。

コーナーボード(部屋、アップ)-700.jpg

お部屋に設置した場合のイメージです。


こんにちは!

先日、姫路市のお客様からオーダー頂きましたダイニングテーブルですが、非常にスタイリッシュなデザインで、個人的にはかなり気に入っております。

テーブルだけではなかなかイメージし難いため、チェアをセットしてみました。

最近のマンションは非常にモダンな感じが多いように思います。

外観はもちろん、エントランスの雰囲気もホテルのようなマンションが多いように感じております。


このような場合、お部屋だけ「アジアン」というのもなかなか選び難いと考えます。

そのような場合、こちらのダイニングセットなどは宜しいのではないでしょうか?



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



sugo-table-chair4pcs-700.jpg

チェアの木部とテーブルの色を合わせると、テーブルが非常に見えにくい為、あえてテーブルは少し薄めのカラーに変えております。


sugo-table-chair-set-700.jpg

デザイン的にはかなりシンプルですが、存在感十分のテーブルです。

TVボードの透かし彫りです(2017年3月24日)

| コメント(0)


こんにちは!

先日、弊社山手店に車で行った際に、根岸公園の近くにあったバリ家具屋さんがなくなっている事に気付きました。

直接的に競合するお店とは捉えていなかった為、正直、それほど関心を持っていた訳ではありませんが、近隣かつ同業者ということで、ぜひ頑張ってほしいと考えておりました。

店舗に到着後、ネットで調べてみますと、既にホームページは削除されておりました。

5~6年くらいはお店をオープンされていたのではないかと思います。

趣味の延長なら、たぶん2~3年でやめてしまうはずです。

そういった意味では、かなりしっかりと取り組まれていたはずです。

何らかの事情があるのかとは思いますが、非常に残念です。


インドネシア政府がチーク材の取引を管理(単純に徴税の為です)するようになり、経済発展に伴い国内需要が旺盛になるに従い、チーク材の取引価格が非常に急騰した時期が5年位前にありました。

この頃は本当にバブルの様相で、3か月で1割ぐらい材料費が高騰するイメージでした。

ちょうどその頃、原油価格も高騰していたため、バリなどで製造した家具を日本に船で運び販売する・・・というビジネスモデルが成り立たない・・・と考えられた時期がありました。

この頃、事業をやめられたバリ家具屋さんは数知れず・・・と言った感じでした。

逆に、その時期を乗り切られた店舗(または企業)は、その後、決して環境的には良くなかったと思いますが、事業を継続されているところが多い・・・という認識でした。

ただ、ここにきていくつかのお店が閉店しているようです。

色々と個別の事情があるのかとは思いますが、弊社も気を引き締めないといけません。


ということで、前振りが長くなってしまいましたが、本日はバリらしい透かし彫りをご紹介させて頂きます。

都内のお客様からオーダー頂いたTVボードの前面に利用する扉になります。

このような扉を8枚、利用します。

4枚が1セットで、図柄は連続しております。

濃い目のカラーで塗装する予定ですが、完成するとかなり壮観だと思います。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/



横田様 TVボード彫り(アップ3).jpg

濃い目のカラーで塗られると、イメージは一新すると思います。


こんにちは!

1月の後半から3月中旬までは、本当に目が回る様な忙しさでした。

ブログの更新もすっかりご無沙汰(?)しておりました。

週明け早々にコンテナが出港する予定なのですが、この手配が完了すると、おおよそヤマを越える感じ(?)で、ようやく色々と動けるようになると思います。


ということで、本日は「幅200センチ、高さが30センチのロータイプのテレビボード」をご紹介させて頂きます。

一番の特徴は、「手前に倒れる扉部分が、角材を45度寝かせて並んでいる形状であること」です。

簡単に例えると、「そろばんを立てたような状態」です。


デザインの為・・・・というのはもちろんありますが、リモコンの電波が通り易い様に・・・ということも加味されております。

高さが30センチとかなり低い為、中段に棚板はありません。

最近のテレビは、録画機能なども本体に内蔵されていることが多いので、従来のようなAV機器を収納するスペースはあまり必要ないのかもしれません。


仕上がりが楽しみなTVボードです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ      www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ         www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ            www.round-one.jp/blog/



菅生様TVボード-700.jpg

幅200センチ、高さ30センチのスタイリッシュなTVボードです。

菅生様TVボード-3-700.jpg

正面から見るとロータイプなのがお分かり頂けると思います。

菅生様TVボード(扉オープン)-700.jpg

扉は手前に倒れるタイプです。