2018年10月アーカイブ

バイザシー(雑誌)の写真です(2018年10月28日)

| コメント(0)


こんにちは!

たまたま雑誌、バイザシーをPCで見ておりましたところ、なんと弊社のお客様のご自宅(勝浦市)が掲載されているのを発見致しました。

雑誌の名前通り、本当に「バイザシー」ですね!

徒歩数歩(!)で海・・といったところでしょうか?


弊社の家具は、Sタイプの丸テーブルと、CHチェアが4脚、WS-3タイプソファになります。

このような素晴らしいご自宅でご利用頂き大変光栄です!

引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



バイザシーの写真-700.jpg

海まで数歩・・・といった感じです。 

古木を用いたオープンラックです(2018年10月24日)

| コメント(0)


こんにちは!

日曜日の夜から浜松に出張し、昨夜遅くに帰社致しました。

出張中にご連絡を頂きましたお客様に対しましては、十分なご対応が出来ず、大変失礼致しました。

明日からまた2日間ほど出張になってしまいますが、本日は会社に在席しております。

何かございましたらお気軽にお問い合わせ頂けましたら幸いです。


さて、本日は弊社では非常に珍しいデザインのオープンラックをご紹介させて頂きます。

以前、お酒などの保管のためのキャビネットをオーダー頂きました、鎌倉市にお住いのお客様からのオーダー品です。

脚部は何らかの農具(または船舶)に使われていた木材で、独特のカーブが何とも言えない味を醸し出しております。

前回同様、ワックス仕上げで仕上げることになります。

(引き出し前部には、やはり前回同様、ストーンカービングを設置予定です)

完成が非常に楽しみです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



luck-700.jpg

古木を用いたオープンラックです。


こんにちは!

本日は、特別価格でご提供させて頂く、「スタイリッシュなデザインのスクエアテーブル」をご紹介させて頂きます。

こちらのテーブルは、とあるお客様からオーダー頂いたもので、非常にスタイリッシュなデザインのテーブルとなっております。

お客様のご都合により、キャンセルとなってしまった為、今回、特別価格でご提供させて頂きます。


木材(チーク)だけでこのようなデザインは実現出来ません(強度が十分に確保出来ません)が、脚部を含むフレーム部分に鉄骨を内包することで、このようなデザインを実現しております。

もちろん限定1卓限りです!

サイズは W:135 D:80 H:72センチ のお手頃なサイズです。

デスクなどとしてもご利用頂けると思います。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



IMG_2239-2-700.jpg

直径60センチの丸テーブルです(2018年10月10日)

| コメント(0)


こんにちは!

今日は10月10日。従来で言えば「体育の日」ですね。

横浜地区は快晴で、いかにも「旧、体育の日」といった感じです。

やはり今頃が一番快晴率が高いということなのでしょうか?


さて、本日は直径60センチの丸テーブルをご紹介させて頂きます。

デザイン的には、最近、弊社では人気の高い「Rタイプ」になります。

直径60センチですと、ダイニングテーブルとしてはご利用頂けませんが、サイドテーブルまたは花台、フォトスタンドなどとしてご利用頂く形になります。

このようなサイズで本格的なテーブルはなかなかないと思います。

ご興味を持たれましたお客様は、お気軽にお問い合わせ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



IMG_1900-700.jpg

直径60センチのラウンドテーブルです。

昨年訪問したベトナムの写真です(2018年10月6日)

| コメント(0)


こんにちは!

またまた今週も三連休ですね!

心配された台風25号も、韓国の方に逸れたようで、横浜地区は予想外(?)の快晴となっております。

私は今日、山手店のベランダの花に水を撒いただけで汗ばんでしまいました。


このように天気が良いと、どうしてもどこかに行きたくなってしまいます。

とは言いつつも、土日は山手店の営業がございますので、昨年1月に行ったベトナムの写真でもご紹介させて頂きます。


実は、2年ほど前、「ベトナムが(ビジネスとして)面白い・・」という話を多方面から聞いておりました。

直接、現地を見ないと何もわかりませんので、昨年1月に「視察旅行」に行ってきました。


家具を販売するための「新たなマーケット」としてはもちろん、より低コストで生産するための「製造拠点」として調査を行いました。

ご存知の通り、ベトナムは南北に非常に長く、北部では「ハノイ」、中部で「ダナン」、南部で「ホーチミン」をそれぞれ3泊して調査してみました。


結論的には、「英語を喋れる人が非常に少なく、ビジネスは無理」と判断致しました。


また、製造拠点としても、非常に頑張る国民性の為、何か問題が発生しても、自助努力で何とかしようとしてしまい、問題が更にこじれてしまいそう・・・ということで、難しいと感じました。

「頑張る国民性」は一見すると良いように感じますが、問題が大きくなるまで黙っていられるのは、ビジネスにはマイナスです。


3つのホテルを予約しておりましたが、そのうち2つがダブルブッキングで、踏んだり蹴ったりの旅行でした。

また、中部の「ダナン」は、リゾート地として当時脚光を浴びていましたが、正直「今一つ」という感じでした。

真っ直ぐの海岸線にどこまでもホテルが続いているだけで、文化などは全く感じられませんでした。


それに比べ、バリ島などは非常に奥が深いと思います。

個人的には、「ダナンのバブルは必ず破たんする」と感じた次第です。

(結果的に、あれから1年半以上が経過致しましたが、最近は当時ほどダナンが紹介されていないように感じております)



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/




IMG_0850-700.jpg

ベトナム旅行で数少ないお薦めスポット「ホイアン」の古い町並みです。

IMG_0852-700.jpg

ホイアンと言えば「ランタン」が有名です。

IMG_0869-700.jpg

夜はものすごくきれいでした。

IMG_0854-700.jpg

有名な「日本橋」です。

IMG_0875-70.jpg

こちらは、中部のリゾート都市、「ダナン」です。ホテルが雨後の筍のように新設されております。

 

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10