框細工です(2019年3月9日)

| コメント(0)


こんにちは!

都内のお客様から、「あまりにシンプルなので、少し細工を・・・」というご要望を頂きました。

弊社の場合、細工と言いますと、透かし彫りなどを用いることが非常に多いのが実態です。

ある意味、アジアンテイストの王道が「表面彫り」や「透かし彫り」であると思います。


また、「もう少しモダンかつシンプルに・・・」という場合によく用いるのが、「ルーバー」や「格子」です。

ただ、「ルーバー」や「格子」ですと、「少しアジアン過ぎる・・・」というお客様も多いのではないでしょうか?


改めて何かないかを考えてみましたが、良案が思い浮かびません。

ようやく見つけたのが「框の細工」です。


框の細工ですと、アジアンというよりも、和のイメージに近いように思います。

うるさ過ぎず、でも存在感十分です。

私の中では「手の込んだ家具」といったイメージですが、いかがでしょうか?




アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



パソコンデスク(框の細工)-700.jpg

扉部分に框細工を施しています。(イメージ画像では非常に分かりにくいですが・・)

框-700.jpg

框細工の実物です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、株式会社Asliが2019年3月 9日 12:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「和モダンテイストのTV台です(2019年3月8日)」です。

次のブログ記事は「扉の細工について(2019年3月10日)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10