キャビネットの最近のブログ記事

ガラスの飾り棚です(2018年4月23日)

| コメント(0)


こんにちは。

先日、弊社が本牧店をオープンしていた頃のお客様にご来店を頂き、ガラスの飾り棚についてご相談を頂きました。

現状、お持ちの飾り棚を気に入られているものの、お引越しに伴い、もう少しサイズの小さいものを・・・装飾も少し省いて・・・とのことでご来店を頂きました。

弊社では珍しいスタイルの飾り棚ですので、こちらのブログでもご紹介をさせて頂きます。


頂いた写真を拝見しますと、かなり豪華な装飾のある飾り棚ですが、ご提案させて頂いた飾り棚は、極力シンプルなデザインにまとめております。

K様、いかがでしょうか?



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



ガラスの飾り台(設置例)-700.jpg

サイズは、W:70センチ、D:40センチ、H:150センチです。

ガラスの飾り台(別角度)-700.jpg

飾り棚自体がインテリア性の高い家具となっております。

お酒の保管庫です(2018年2月13日)

| コメント(0)


こんにちは!

ここのところ出張等が続いてしまい、バタバタしておりました。

出張先で体を冷やしてしまったからか、体調が今一つで、仕事もなかなかはかどらない状況です。

さて、本日は、先日、鎌倉市からご来店を頂きました、Y様の「お酒の保管庫」をご紹介させて頂きます。


Y様いわく、「色々探したけど、このようなキャビネットを探し出すことは出来なかった・・」とのことでした。

デザイン自体はシンプルですが、サイズ的になかなか一升瓶を大量に(?)保管出来る製品はないようです。

なかなか無い場合、オーダーで製作してしまうのが宜しいかと思います。


ちなみに、扉の表面には、「石のレリーフ」を埋め込む予定です。

また、木材はチークの古木を使用する予定ですので、ついつい扉を開けてしまい、お酒が進んでしまいそうです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/



キャビネット(ストーンレリーフ、上部扉オープン)-700.jpg

扉の蝶番はスライドヒンジを利用する予定です。

キャビネット(ストーンレリーフ、サイズ)-700.jpg

下二段に一升瓶が入ります。

シューズボックスです(2017年6月19日)

| コメント(0)


こんにちは!

今日は都内のお客様からオーダー頂きました、シューズボックスをご紹介させて頂きます。

こちらのシューズボックスの特徴は、玄関にピッタリと取り付けられるよう、背面が平らではなく、玄関の凹凸に合わせて製作されている点です。(これは、他のお客様にはあまり関係ない事かもしれませんが・・・)


また、通気をよくするよう、左右の側面に透かし彫りを設置している点です。

通気の事を考えるならば、本来でしたら前面にもスリットなどを入れたいところですが、そうすると中の靴が見えてしまう事になります。

靴が見えるのを避けるためには、「ルーバー」などにする方法もありますが、お客様のご指定により、前面は一般的な表面彫りとし、左右に透かし彫りを入れるデザインをご選択頂きました。

玄関などの形状に合わせてシューズボックスを無垢のチークで製作すれば、「特別感」が増すように思います。

「合板性のシューズボックスは、いかにも無粋・・・」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



成瀬様 シューズボックス(塗装後)-700.jpg

「合板性のシューズボックスではいかにも無粋・・・」という方は、ぜひ、オーダーをご検討ください。

コーナーボードです(2017年6月17日)

| コメント(0)


こんにちは!

今日は宮城県のお客様からオーダー頂きました、「コーナーボード」をご紹介させて頂きます。

こちらのお客様の場合、プリンター台を兼ねている為、天板の隅に配線用の穴を開けております。

右側の扉部分の中には、印刷用紙などの消耗品をストックしておくことが出来ます。

プリンターはどちらのご家庭にも1台はあるかと思いますが、無造作にキャビネットの上などに置かれているケースが多いかと思います。

お部屋に適した収納スペースを製作すれば、お部屋全体をすっきりとまとめることが可能となります。

ご興味を持たれましたお客様はぜひお気軽にお問合せ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



佐藤様 コーナーボード(塗装後).jpg

この写真では見えにくいのですが、扉の周囲を囲むように彫りを施しております。

お客様のお宅です(2017年5月27日)

| コメント(0)


こんにちは。

一昨日の午後から大阪に出張し、昨夜遅くに帰社致しました。

本日は、先日に引き続き、都内のお客様宅をご紹介させて頂きます。

まず、ベッドに関しましては、ロータイプだけど、ヘッドボードは高い方が良い・・・ということでデザインさせて頂きました。

製作をスタートする前に、3Dソフトでモデルを作成致しますので、もちろん、外観については事前に確認しておりましたが、正直なところ、お部屋に設置してどんな感じなのかはなかなかイメージが出来ませんでした。

お部屋に設置してみて・・・「なるほど!」と思いました。

写真では写っていないのですが、ナイトテーブルが3卓設置されております。

バリ島のヴィラの雰囲気に仕上がったように思います。


更に、書斎の本棚を本日はご紹介させて頂きます。

天井近くまで高さのある、大型の本棚ですが、二つに分けることで搬入等を容易にしております。

(書斎は2階の為、階段から運びました)

もちろん、壁に固定しており、地震等の際にも倒れるようなことはありません。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



P5230575-700.jpg

ロータイプのベッドです

P5230562-700.jpg

書斎に設置した本棚です。

別荘のプランです(2017年4月10日)

| コメント(0)


こんにちは!

先週土曜日、伊豆高原で別荘を購入される予定のお客様にご来店頂きました。

伊豆高原に関しては、弊社のお客様が複数名いらっしゃる関係で、結構地理にも詳しくなっております。

別荘の場所を聞いて、直ぐに周辺の環境までイメージ出来ました。


図面を頂きましたので、ほぼ正確に建物をモデリングし、いくつか家具を配置してみました。

まだまだ「たたき台」レベルのプランですが、こちらのブログでもご紹介させて頂きます。


弊社にご相談頂きますと、このように視覚的にもイメージし易い資料をご提案させて頂きます。

ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



キッチン側よりリビングを臨む-700.jpg

キッチンからリビング方向を臨む。

テレビボード-700.jpg

ダイニング用のテレビ台です。高さが60センチです。最近はロータイプのテレビ台が多く、このような高さのテレビ台は非常に少ないのが実態です。

若林様ベッド-700.jpg

お客様の嗜好に合わせ、シンプルですが質感の高いベッドをセットしました。

テラス-700.jpg

テラス用のガーデンセットは別荘としての利用の為、あえてテーブル・チェアともに折り畳み式としました。

(定住の場合、天気によっては片付けるなどの対応が可能ですが、別荘の場合はそうもいきません。ご不在の場合には、収納した方が家具を綺麗にお使いいただくことが可能です)

お部屋(1F全体)-700.jpg

1F部分の全体像です。



シューズボックスの修正案です(2017年1月29日)

| コメント(0)


こんにちは!

昨日、都内のお客様からご相談頂きましたシューズボックスですが、彫りのデザインをよりバリ風に変更されたい・・・とのご要望を頂きました。

そこで、二種類のデザイン案を作成してみました。

シューズボックスの場合、ある程度通気性があった方が宜しいのかと思います。

そのような点で、シューズボックスに透かし彫りを入れるのは理に適っているかもしれません。

ご興味を持たれましたお客様はお気軽にお問合せ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



シューズボックス案2-700.jpg

透かし彫りを入れたシューズボックスです。

シューズボックス案3-700.jpg

透かし彫りのサイズを細くしてみました。



シューズボックスです(2017年1月28日)

| コメント(0)


こんにちは!

都内のお客様よりシューズボックスのご相談を頂いております。

前面および左右の側面に彫りを入れたい・・・とのご要望でしたので、あまりコテコテしない様、日本の「七宝」をモチーフにした案をご提案させて頂きました。

個人的には、正面だけで左右の側面はフラットな板が宜しいかと思いますがいかがでしょうか?



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/



シューズボックス(扉クローズ)-700.jpg

日本の伝統的な模様である「七宝」をモチーフにしております。

シューズボックス(扉オープン)-700.jpg

扉を開けた感じです。

手頃なサイズのキャビネットです(2016年9月20日)

| コメント(0)


こんにちは!

三連休が終わり、本日から日常がまた始まった・・・という方が多いと思います。

私の場合、今週は珍しく(?)出張が入っていない為、自宅にて資料の作成等を行っております。

ブログも、更新出来る時ぐらいは更新しておかないと・・・ということで、まずは都内のお客様からオーダー頂きました手頃なサイズのキャビネットをご紹介させて頂きます。


こちらのキャビネットは、幅が60センチ、奥行が40センチ、高さが90センチになります。

最近は大型の家具が多かった為、このような手頃なサイズのキャビネットは久しぶり・・・と言った感じです。

いかにもバリらしいキャビネットに仕上がりそうです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/



キャビネット(外観)-700.jpg

彫りの部分もその他の部分と同一になります。


キャビネット(内部)-700.jpg

A4ファイルを二段に立てるスタイルです。

大型の食器棚です(2016年4月19日)

| コメント(0)


こんにちは!

昨日、西葛西の倉庫に行き、大型の食器棚の出荷準備を行ってきました。

夕方になってしまいましたので、ISOの感度を高めて写真を撮影してみました。

私は写真の事は詳しくありませんが、ISOの感度を高めると、暗い場所でも写真が撮影できますが、写真の質は落ちてしまうようです。

とは言いつつも・・・・・これだけ大きな彫りは、弊社の中でも過去に例がないと思います。
表面彫りとしては、かなり深い彫りになっており、存在感は圧倒的です。

上段・中段・下段の三分割になっておりますが、これだけ大きいと、搬入なども大変だと思います。

まさに「バリらしい食器棚」に仕上がりました。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ       www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ          www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ             www.round-one.jp/blog/



P4180466-700.jpg

木彫りが引き立つように、金属製の取っ手などが付いていないスタイルです。


大型の本棚です(2016年4月16日)

| コメント(0)


こんにちは!

東日本大震災から5年が経過し、少し地震に対する意識が薄らいていた矢先に、熊本でまた巨大な地震が発生してしまいました。

一日も早い復旧をお祈りするばかりですが、家具屋としては従来以上に地震対策にも取り組んでいく必要があるように感じております。

最近では、TVボードなどにおいて、壁面収納を兼ねるケースが多くなっております。

これに伴い、家具が大型化してきているように感じます。

このような場合、通常は地震で倒れない様、天井との間に隙間を設けないスタイルが一般的です。

例えば・・・・・・


PC180340-700.jpg

こちらの大型のTVボードなどの場合

上部フィラー.jpg

このようなフィラーを設置し、天井との隙間をなくしています。


本棚-700.jpg

今回、都内のお客様からご相談頂いた本棚ですが、こちらも上部にフィラーを取り付け、倒れない構造にする予定です。(もちろん、壁にも固定します)


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ      www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ         www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ            www.round-one.jp/blog/



ガラスのキャビネットです(2016年4月10日)

| コメント(0)



こんにちは!

都内のお客様からガラスのキャビネット(グラスなどをディスプレイするタイプ)のご相談を頂きました。

以前も同様のご相談を頂き、その時は引き戸を採用致しました。

(引き戸の方が扉のタイプよりも狭いスペースでも設置出来るからです)


今回のご依頼としては、「可能な限り見えるスペースを大きく・・・」ということでしたので、前面をほぼ全てガラス扉にしております。(プッシュラッチ式としております。ガラスを押して開きます)

前回も搬入等の事を考え、二分割で製作しましたが、今回も二分割でデザインしております。

理由は・・・・「コストダウン」が図れるからです。

幅240センチの一枚板では、やはり材料代が非常に高価になってしまいます。

二分割ですと幅が120センチになりますので、だいぶ木材のコストを抑えることが可能となります。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ      www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ         www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ            www.round-one.jp/blog/



キッチン設置例(別角度)-700.jpg

プッシュラッチ式のガラスキャビネットです。


キッチン設置例-700.jpg

お部屋全体のイメージです。

image1-glass cabinet.JPG

前回、製作させて頂いた際には「引き戸」を採用し、扉を開けるスペースを確保しなくても良いように致しました。


コンテナが出航となります(2016年3月7日)

| コメント(0)


こんにちは!

いつもコンテナ出航直前はバタバタするのですが、今回はいつも以上に(?)バタバタしております。

と申しますのは、非常に凝ったデザインの製品が多いからです。

明日、コンテナへの積み込みを行う予定ですが、このブログを書いている最中も、工場と色々連絡を取り合っている状況です。

そんな中から、本日は「大型の食器棚」をご紹介させて頂きます。

非常に大型の食器棚で、上段中段下段の3分割で製作しております。

前面は総木彫りで、芸術作品のような仕上がりです。

彫りが好きなお客様にはたまらない(?)仕上がりだと思います。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



佐保様 食器棚(正面、全体).jpg

美術品のような仕上がりです。

キャスター付きのごみ箱設置台です(2016年1月25日)

| コメント(0)


こんにちは!

先日、大阪のお客様からオーダー頂きました食器棚ですが、左側の下部にゴミ箱を設置されるスペースを設けております。

下にはキャスターを取り付ける予定で、収納すると完璧に一体の食器棚、キャスターを引き出すと、蓋つきのごみ箱を入れておく設置台になります。


以前、弊社でも一見するとキャビネットというゴミ箱を製作させて頂きました。

3分割されており、もちろんごみの種類に分けて使用するタイプです。

オーダー品ではなく、量産品として販売させて頂きましたが、実物をご覧頂いた方の評判は良いのですが、その割には販売が伸びなかった(やはりゴミ箱に5万も6万も支払う人は少ないのかもしれません)のを思い出します。

ただ、一定のニーズはあるのだと思います。

ご興味を持たれましたお客様は、お気軽にお問合せ下さい。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



食器棚(ゴミ箱を閉めたところ)-700.jpg

こちらは、ごみ箱を収納した際の画像です。

ゴミ箱部分変更.jpg

キャスターを引き出すと、蓋つきのごみ箱を設置する台になります。

キャビネットのデザイン案です(2016年1月8日)

| コメント(0)


新年あけましておめでとうございます。

明日、9日が、横浜・山手店の今年の営業初日となります。

皆様のご来店を心からお待ちしております。


さて、今年第一回目のブログでは、キャビネットのデザイン案をご紹介させて頂きます。

大阪のお客様からご相談頂いているキャビネットになりますが、サイズは幅が85センチ、奥行きが27センチ、高さが70センチという手頃なサイズになります。

扉の部分には彫りを入れる予定ですが、脚部もよくあるストレートではなく、あえてバリ風にスケッチしてみました。

このような手頃なサイズのキャビネットで、手の込んだ作りのキャビネットは、ネットで検索してもほとんど探し出せないように思います。

オーダーで製作した方が、サイズもピッタリに製作出来ますので、結局はお得だと思います。

ぜひお気軽にお問合せ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



キャビネット(猫脚)-700.jpg

猫脚のキャビネットです。上部は引き出し、下部は扉を想定しています。

キャビネット(猫脚)-2-700.jpg

別角度の画像です。


キャビネット案-700.jpg

脚部が独特なデザインのキャビネットです。


キャビネット案-2-700.jpg

別角度の画像です。

大型の食器棚です(2015年11月22日)

| コメント(0)


こんにちは!

三連休の中日ということで、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

横浜は今一つ天気がすっきりせず、朝からずっと曇っている状態です。

三連休は3日間とも営業を行っております。

皆様のご来店を心からお待ちしております。

さて、本日は大型の食器棚のスケッチをご紹介させて頂きます。

大阪のお客様からお見積りを頂きました食器棚ですが、高層マンションの為、製作させて頂く場合には3分割で納品させて頂く予定です。

今年4月にもほぼ同様の大きさの食器棚を製作・納品させて頂きましたが、運ぶのも本当に一苦労でした。

このような大型の家具はやはり分割式がお薦めです。

ご興味のあるお客様はぜひお気軽にお問合せ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



食器棚(透かし彫り)-700.jpg

色を薄くした部分が彫りになります。

食器棚(透かし彫り、斜めより)-700.jpg

W:175、H:226センチの大型サイズの食器棚です。

 

和のイメージの透かし彫りです(2015年11月15日)

| コメント(0)



こんにちは!

以前にこのブログでご紹介させて頂きました、バリの伝統模様をモチーフにした木彫りですが、ようやく完成が近づいてきました。

日本の「七宝」にも似たデザインで、「温かみ」と「落ち着き」、「高級感」が演出出来る透かし彫りだと思います。

従来、弊社で最も一般的な透かし彫りは、「唐草模様(?)」でした。

アジアンテイストに仕上げたい場合は、やはりこちらがお薦めです。

ただ、「もう少し落ち着いた大人のイメージに・・・」というご要望でしたら、こちらの透かし彫りがお薦めです。

塗装されるとまたイメージは大きく変わると思います。

今後も随時ご紹介をさせて頂きたいと思います。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



中川様 透かし彫り.jpg

粗く削った状態です。これから綺麗に仕上げます。


中川様 透かし彫り(全体像).jpg

塗装されると、主張し過ぎない落ち着いたイメージの透かし彫りになると思います。(もちろん、非常に高級感のある仕上がりになると思います)

ガラス引き戸のキャビネットです(2015年10月23日)

| コメント(0)



こんにちは!

今週は出張が続いてしまい、全くブログが更新できませんでした。大変失礼いたしました。

気持ちを改め、本日は「ガラス引き戸のキャビネット」をご紹介させて頂きます。

こちらのキャビネットは横に二つ並べて設置頂きます。

一体で製作すると、搬入や移動も大変・・・・という事で、分割で製作致しました。

ガラスの扉は「引き戸」になっているのが特徴です。

一般的な「扉」ですと、開けた際のスペースを確保しておく必要があります。

引き戸の場合はこのスペースが必要ありません。

スペースを有効活用されたい場合は、扉ではなく引き戸もご検討下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp


泉様 ガラスキャビネット.jpg

まだレールが付いていない状況です。

泉様、ガラスキャビネット(正面).jpg

正面からの写真です。 

大型の家具は分割式がおすすめです(2015年9月27日)

| コメント(0)


こんにちは!

家具をオーダー頂く上で、結構重要なのが「お部屋に搬入出来るのか?」という点です。

「うちは全く問題はないよ・・・」というお客様でも、設置される場所が地下であったり、2階であったりした場合、意外に通路が狭かったり、階段が曲がっていたりすると、搬入出来ない・・・ということも起こりえます。

長年、家具屋をやっていると、このような悲惨なケースを何度か経験(?)しております。

大型の家具を諦めてしまう前に、ご提案させて頂くのが、「分割式で家具を製作する」方法です。

例えば、


ari-piano-700.jpg

上のキャビネットは上段・中段・下段の三分割で製作しております。


キャビネット接合部-700.jpg

上の写真のような木片で接合されます(木くずがのっている写真で誠に申し訳ございません)

上のキャビネットなどですと、全く3分割であることは分からないのですが、テレビ台などを三分割で製作した場合には、どうしても天板が分割されてしまいます。

そこで、現在、製作中の大型のテレビ台では、天板部分を取り外し、搬入後に組み立てる方式を採用致しました。


中川様 テレビボード(分離状態)-700.jpg

ベース部分を3分割で製作し、天板は1枚になります。

AV収納部(変更後)-700.jpg

組み立てた状態の大型テレビボードです。

上記のような方法を採れば、家具を分割で製作した場合でも、一体感のある家具に仕上げることが可能です。

搬入等で大型の家具を諦めていたお客様、ぜひお気軽にお問合せ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/



引き戸のキャビネットです(2015年8月16日)

| コメント(0)


こんにちは!

一般的には、お盆休み最終日かと思います。

弊社はカレンダー通りの営業です。本日も通常通り、営業しております。

さて、本日は都内のお客様からオーダー頂きました、引き戸のキャビネットをご紹介させて頂きます。

バリ島では「引き戸」を見ることはかなり少ないと思います。

ただ、日本の家屋で考えますと、キャビネットを設置される場所によっては、扉を開けるスペースを確保しておくのが難しい場合もあるかと思います。

このような場合、「扉」ではなく、「引き戸」をお選び頂くのが宜しいかと思います。

弊社の場合、引き戸の場合は金属製のレールを使用致します(もちろん、木だけで製作する場合もあります)

非常にスムーズに開閉が可能です。

北欧家具風に仕上げることももちろん可能です。

興味を持たれたお客様はお気軽にお問合せ下さい。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



キャビネット(二分割)-700.jpg

扉部分はガラスをチョイス頂きました。(搬入を考慮し、二分割で製作します)


こんにちは!

最近、オープンラックのご相談をよく頂きます。

本日も横浜市内のお客様にご来店を頂き、ご相談を頂きました。

全体が引き出しや扉になっているキャビネットですと、重くなり過ぎる・・・・というのがオープンラックを好まれる理由のようです。

一般的に、壁は「白」などが多いかと思います。

オープンラックにされると、壁の面がより見える形になります。

これにより、「重くなり過ぎない」スタイルが完成するのだと思います。

オープンラック部分の柱の一部に、彫りなどを入れれば、かなり高級感のある家具に仕上がると思います。

弊社の場合は、どのようなスタイルでもおおよそ製作が可能です。

ぜひお気軽にお問い合わせください。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/


坂爪様キャビネット-700.jpg

扉部分は透かし彫りにする予定です。(オープンラック部分の落下防止柵も透かし彫りです)



バリの伝統的な図柄ですpart2(2015年7月21日)

| コメント(0)


こんにちは!

先日、ご紹介させて頂きました、バリの伝統的な図柄ですが、何か日本的だなーと考えておりました。

よくよく考えてみれば、日本の「七宝」に似ているように思えてきました。

現代において、欄間などがある家はあまりないとおもいます。

ただ、東京のリッツカールトンホテル内に、欄間のデザインを採り入れた飲食店があるようです。

いずれにしましても、かなり高級なイメージのお店です。

この図柄を用いた家具は、かなり高級感のある家具に仕上がると思います。

本当に完成が楽しみです。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/


shippou.jpg

日本の七宝です。


7fc6cf05-0a12-45bf-9240-af423f4f3d40-700.jpg

インドネシアの伝統的な図柄です。

引き戸のキャビネットです(2015年7月8日)

| コメント(0)


こんにちは!

昨日、とあるお客様から、引き戸を用いたキャビネットのお見積もりのご依頼を頂きました。

バリ島で引き戸の家具はほとんど見ることがないように思います。

ただ、日本ではスペース等を有効活用するために、「引き戸」をお選びいただくお客様も多いように思います。

前に開く扉ですと、結構無駄なスペースを確保しておく必要があります。

その点、引き戸ですと開閉のためのスペースを確保する必要はありません。

では、引き戸のデメリットはないのかというと・・・・・「収納量が減ってしまう事」であると思います。

当然ですが、厚さ2センチの扉だとしても、2枚が重なりますので、4~5センチのスペースが必要になります。

(前に開く扉の場合は、扉の厚さ2センチだけで済みます)

どちらを選ばれるのかは、設置される場所と目的によるかと思います。

いずれにしましても、弊社ではどちらのスタイルにも対応が可能です。

ぜひお気軽にお問い合わせください。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/


キャビネット-700.jpg

ちょっとわかりずらいですが、引き戸のキャビネットです。

総木彫りのキャビネットです(2015年7月2日)

| コメント(0)


こんにちは!

まさに梅雨といった日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

突然ですが、最近、「原点への回帰」が進んでいるように感じております。

「あまり細工などのない、シンプルかつフラットなデザインの家具」が一時期はもてはやされていましたが、そういった家具とは対極にある、「非常に手の込んだ、バリらしい家具」も、一部のお客様からは大変ご好評を頂いているように感じております。

良質なチークでシンプルな家具を製作した場合、写真で見ただけでは、一見すると突板の家具とあまり変わらないように見えるかと思います。

(実物を比較頂くと、やはり雰囲気は随分異なるのですが・・・・・「合皮」と「天然のレザー」の違いよりも差は大きいと思います)

でも、木彫りなどは突板の家具では製作出来ませんので、一見しただけでも違いがお分かり頂けると思います。

「せっかく無垢の家具なので、一般には手に入らないようなものが欲しい・・・」ということなのかもしれません。

いずれにしましても、弊社ではどのようなタイプも製作が可能です。

ぜひお気軽にお問い合わせください。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ     www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ           www.round-one.jp/blog/


all-carving-cabinet-700.jpg

写真で見ると派手な感じですが、実際には非常に落ち着いた印象です。  

暗すぎないアンティークが人気です(2015年6月18日)

| コメント(0)


こんにちは!

最近、写真のアンティークキャビネットが人気です。

サイズを変更されたりされるお客様が多いのですが、カラーや仕上げはこのままで・・・という方が多いように感じます。

人気の理由が何なのか、改めて考えてみました。

1)まさに「木の家具」であることを実感できる質感。

2)いかにも「バリ」ではなく、適度に「モダン」であること。

3)綺麗過ぎず、適度にアンティーク感があること。

4)暗くなり過ぎないこと。

・・・・・といったところでしょうか?

キャビネットが人気なら、別の家具にも応用を・・・・と考えております。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/


P5127019-700.jpg

最近、人気の高いアンティーク調のキャビネットです。


P5127025-700.jpg

アップの写真です。ムラのある仕上げです。(暗くなり過ぎないカラーです)


P5127015-700.jpg

格子の扉です。「バリ」過ぎないところが人気の理由かも?


P5127027-700.jpg

可動式の棚板です。

こんにちは!

今日は朝から都内のお客様のお宅に納品のため訪問してきました。

白金の超高級マンションで、ジーンズとフリースでは、中に入るのも気が引ける(?)ような厳粛な雰囲気の建物でした。

さて、本日は船橋市のお客様からオーダー頂きました、カラー:ブラックのキャビネットとオープンラックをご紹介させて頂きます。

今回入港となったコンテナでは、このようなブラックのカラーの家具が何点か入荷致しました。

最近は、濃い目のカラーを選ばれる方と、明るめのカラーを選ばれる方が極端に分かれてきたように思います。

弊社の場合、デザインはもちろん、カラーやツヤまでお客様のお好みに仕上げさせて頂きます。

ぜひともお気軽にお問合せ下さい。


※ ブラックのカラーの場合、木目などはほとんど見えなくなってしまいます。でも、やはりチークの無垢の質感は十分に感じて頂く事が出来ると思います。(突板の家具とはやはり雰囲気が異なります)

このような単色のカラーの家具こそ、良い材料を使用する意義があるのかもしれません。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ      www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ        www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ                  www.round-one.jp/blog/


P4119964-700.jpg

李朝風のキャビネットです

P4119959-700.jpg

オープンラックです。

大型サイズのキャビネットです(2015年4月7日)

| コメント(0)


こんにちは!

本日は大型サイズの洋服入れをご紹介させて頂きます。

ご覧頂いている通り、取っ手のないシンプルなデザインとなっております。

シンプルなデザインが映えるよう、材質は「マホガニー」をチョイスされております。

写真だけ見ると、合板製の家具とあまり変わらないように見えるかもしれませんが、実物をご覧頂くとやはり本物感が全く違います。

裏板はもちろん、引き出しの底の部分まで無垢のマホガニーの板を使用しております。

集成材の家具などでは、どう頑張ってみてもこの雰囲気は出せません。

写真でその雰囲気をお伝えできないのが歯がゆいばかりです。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ           www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ               www.round-one.jp/blog/


P4059914-700.jpg

引き出しの上下どちらにも手をかけるくぼみを設けております。もちろん、ストッパー付きです。


こんにちは!

今日はかなり昔(7年前くらい?)に製作致しましたキャビネットをご紹介させて頂きます。

なぜこちらをご紹介させて頂くかといいますと、「最近、このようなスタイルのキャビネットを製作していないから」です。

かつては良くご紹介しておりましたので、このような引き出し前面に彫りのあるキャビネットを良くオーダー頂きました。

最近は全くご紹介していなかったから、オーダー頂く事も少なくなってしまったのかと思います。

アジアンテイスト満載のキャビネットをぜひオーダーで製作致しませんか?

お問合せを心からお待ちしております。


アジアンオーダー家具のAsli、 ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、 ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、 ブログ         www.round-one.jp/blog/


PC130790-700.jpg



大型の食器棚です(2015年1月20日)

| コメント(0)


こんにちは!

今日は大型の食器棚についてご紹介させて頂きます。

こちらの食器棚、最大の特徴は「木製の扉」にあると思います。

「食器棚」といいますと、一般的には、「ガラスの扉」のイメージだと思います。

私もお客様からご相談を頂いた際には、無条件にガラスの扉をお薦めしておりました。

こちらのお客様の場合、中が見えないように・・・というご要望でしたので、曇りガラス(または模様のあるガラス)を利用することをお薦めさせて頂きました。

ただ、お客様からは良いお返事が頂けません。全体を木の質感で統一されたい・・・とのことでした。

それでご提案させて頂いたのが写真のような「角材を並列的に並べるスタイル」です。

単に一枚の板にしてしまったのでは、あまりに単調になってしまいます。

また、全てを木彫りにしてしまったのでは、くどくなり過ぎてしまいますし、中が見えてしまいます。

角材を並列的に並べるスタイルにしたことにより、しつこ過ぎず、でも程よい手作り感のあるデザインに仕上がったのではないでしょうか?

ログハウス調の別荘などにベストマッチの食器棚だと思います。

気になるお客様はぜひお問合せ下さい。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/


P1189688-700.jpg

取っ手はお客様がご自身でご用意され、弊社で取り付けを行いました。


こんにちは!

今日は千葉市のお客様からオーダー頂きました、「引き出しの付いたオープンラック」をご紹介させて頂きます。

ご覧の通り、非常に背の高いキャビネットです。

ただ、幅や奥行きは決してそれほどある訳ではありません。

つまり、置くスペースが限られている場合でも、設置可能なデザインです。

背を高くしてしまうと、圧迫感が出てしまうことも多いのですが、上部をオープンラックにすることにより、重苦しいイメージは皆無です。

また、オープンラック部の左右は「透かし彫り」を採用することで、非常に豪華な雰囲気も演出出来ていると思います。

こちらのキャビネットの取っ手は、お客様ご自身がご用意され、弊社で取り付けさせて頂きました。

細かな点にもこだわりをお持ちのお客様は、このような「持ち込み」も可能です。

ぜひお気軽にご相談下さい。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ   www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ     www.round-one.jp/blog/


P1189673-700.jpg

背の高いキャビネットですが、圧迫感はありません。


P1189678-700.jpg


非常に丁寧な仕上げであることがお分り頂けると思います。


P1189685-700.jpg


こちらの取っ手はお客様がご自身で用意され、弊社で取り付けをさせて頂きました。豪華な木彫りに良くマッチしたデザインだと思います。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちキャビネットカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはダイニングテーブルです。

次のカテゴリはベッドです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.10